メイクの仕方で大きく変わる

 

みなさんは、綺麗にメイクができていますか?

 

メイクは、元々、魔よけのために行われていたのだそうですよ。

 

たまに、明らかに常軌を逸したような、怖い印象を持たれるメイクを施した写真などを見る機会があるでしょう。

 

しかし、そういうメイクにはそんな創世記の名残があると考えても良いのです。

 

そういう化粧の原点は、実に7万年前に遡るのです。

 

そして、当時からメイクとは顔の心象を大きく変えるものとして認識されていたのです。

 

だから、魔よけや儀式のために行うメイクだけではなくて、既に美しく見せるための方法として、認知されていたのです。

 

遥か昔のメイクの仕方とは、当然、今のような便利な道具や化粧品などがあるはずもなく、自然物を使用して行っていたのです。

 

中世ヨーロッパでは、蜜蝋というものを化粧水やオイルの代わりに、使用していたのですね。

 

そして、その上にファンデーション代わりの白粉を叩いて、美白の顔を作っていました。

 

こういうメイクの仕方は、現代のメイクのベースになっているのです。

 

そういう意味では、原点と今では何万年もの隔たりがありますが、その土台となっている部分は、そんなに変わっていないことになるのです。

 

日本において、古代からずっと「おはぐろ」が、化粧として行われていましたよね。

 

歯を黒くするこの習慣には、いろいろな諸説がありますが、結局のところ、日本人は色々なものを包み込んでくれる黒という色を好むところが、一番の要因になったのかもしれません。

 

一昔前に流行った「ガングロ」も、もしかしたらおはぐろを原点としているのかもしれませんよね。

 

初心者のメイクの仕方は?

 

みなさんは、今からメイクを始めようとしていますか?

 

女性なら、メイクをすることは社会的なマナーともいえるし、時期がくれば誰もが興味を持つところだと思います。

 

反対に言うと、誰もがメイク初心者の時期があるのです。

 

いきなりメイクの達人、熟練者と同様の手際の良さときめ細かさを持っているはずもなく、これからメイクを学んでいく人は、気負うことなく基本を勉強して行くのがいいのです。

 

初心者のメイクの仕方で、気をつける点は、化粧品の選び方になります。

 

ついつい、初めは安い化粧品で…と思いがちなのですが、それは間違いと断言しても良いのです。

 

化粧品とは、基本的には相性の問題になるのです。

 

値段の高い安いは、あまり関係ないのです。

 

ですが、メイクの初心者の場合には、ついつい安い化粧品ばかりを追いがちになります。

 

初心者のメイクの仕方は、まず「自分のフィーリングに合った物」を選んでみるのが大ことなのです。

 

初心者の時期は、誰もが早めに抜け出したいですが、実はこの時期が一番、選ぶセンスに関しては、優れている時期になります。

 

なぜなら、先入観を持っていないからなのです。

 

そして、そういう時期は、初心者の段階だけです。

 

この時期に、どんな化粧品を選ぶのかということは、その後のメイクにも、とても大きな影響を与える訳です。

 

そこで、安い物という基準で選んでしまえば、その後なかなか上達できないのです。

 

値段に関係なく「これ」という物、ピンときた物を使ってみましょう。

 

それにより、自分自身で自分のセンスを自覚することができるのです。